FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ド!ド!ド?

歌詞ねw

BUMP OF CHICKENのK☆


週末の大通りを黒猫が歩く
ご自慢の鍵尻尾を水平に 威風堂々と
その姿から猫は 忌み嫌われていた
闇に溶けるその体めがけて 石を投げられた

孤独には慣れていた 寧ろ望んでいた
誰かを思いやることなんて 煩わしくて
そんな猫を抱き上げる 若い絵描きの腕
「こんばんは、素敵なおちびさん」僕ら良く似ている

腕の中もがいて 必死で引っかいて
孤独という名の逃げ道を 走った 走った
生まれて初めての優しさが 温もりが まだ信じられなくて
どれだけ逃げたって 変わり者は付いて来た

それから猫は絵描きと 二度目の冬を過ごす
絵描きは友達に名前をやった 黒き幸「ホーリーナイト」
彼のスケッチブックはほとんど黒尽くめ
黒猫も初めての友達に くっついて甘えた
が、ある日

貧しい生活に倒れる名付け親
最後の手紙を書くと 彼はこう言った
「走って 走って こいつを届けてくれ
夢を見て 飛び出した 僕の帰りを待つ恋人へ」

不吉な黒猫の絵など売れないが
それでもアンタは俺だけ書いた
それ故アンタは冷たくなった
手紙は確かに受け取った

雪の降る山道を 黒猫が走る
今は亡き親友との約束を その口に咥えて
「見ろよ、悪魔の使者だ」石を投げる子供
なんとでも呼ぶがいいさ
俺には消えない名前があるから
「ホーリーナイト」聖なる夜と呼んでくれた
優しさも温もりも全て詰め込んで呼んでくれた
忌み嫌われた俺にも意味があるとするならば
この日のために生まれてきたんだろう
どこまでも走るよ

彼は辿り着いた 親友の故郷に
恋人の家まであと数キロだ
走った 転んだ 既に満身創痍だ
立ち上がる まもなく 襲い来る罵声と暴力
負けるか 俺はホーリーナイト
千切れそうな手足を 引きずり なお走った
「見つけたこの家だ」

手紙を読んだ恋人は
もう動かない猫の名に
アルファベット一つ加えて庭に埋めてやった
「聖なる騎士」を埋めてやった





続いては~グロリアスレボリューション☆


胸を張って誇れるモンが 自分にどんだけあるのかって?
名前と誕生日と キュートな指紋ぐらいあれば充分だろう
そいつを さぁ 精一杯の大口で耽美に語ればいい
ステージライトなんて ダイナモで充分だろう

呼吸をしてんだ 世の中のスミ 小さく でも確かに
言葉にするんだ ホラ いつまでつけてんだい? その自前の手錠をさ

グロリアスレボリューション
その手で何を掴むんだい? 殴るんだい? 何を掲げ上げるんだい?

弱音という名の地雷原を 最短距離で走ってこい
自信という名のスーツは 大層丈夫な造りだから
凡人の一般論は アイロンかけて送り返せ
震えてるのかい?そいつは武者震いだろう

呼吸をしてんだ 世の中のスミでもちゃんとわかるように
それを叫ぶんだ ネェ いつになりゃ気付くんだい? カギも自前だろう?

グロリアスレボリューション
その目は何を見てきたの? 見ていくの? 見いだすの?
グロリアスレボリューション
その耳に何が聴こえるの? 「I'm a loser」? 願わくば「We are the champion」?

実は飛べるんだ その気になれば そりゃもう遠くへ!
放り投げるんだ その外したばっかりの
エラい頑丈に造っちまった 自前の手錠をさ

グロリアスレボリューション
意外にもリッパな自分を 自由気ままに 逃がしてやれ
グロリアスレボリューション
なんだコレ オレにもついてるじゃねぇか エラく頑丈な自前の手錠がさ
グロリアスレボリューション
まいったな コレ とれねぇしよ カギも多分 失くしちゃった
グロリアスレボリューション
こういうケースもあるという リアリズム
そんな目でオレを見んな


こんくらいかなww


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。